乳離れの日

2012.9.11|三洞の三洞らしき日々

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check


 一昨年、テレビ埼玉で、私のお店「三洞」をご紹介いただきました。
 さらに、かわさきFMというラジオの「ろうどく探検隊」という番組で、私の短文が朗読されました。

 「乳離れの日」という一文です。

 以前に書いた小説の一節を・・・・・・というオファーでしたが、小説と言っても、珍妙な内輪ウケのバカ話か、パロディーものしかなく、それならばブログに書いたものをと探したところ、何とか朗読に耐えられそうなものを2つ見付け、それを手直ししました。

 ブログを開設して間もない頃、7年ほど前に書いた文章です。
 それを思うと、やはり、ブログをやっていて良かったと思うばかりであり、当時のようにマメに書かなければな~とも思います。

 今日は、その短文を紹介させていただきます。

 ~~~~~~

 「乳離れの日」

 家には私一人。
 そこに母が店から帰って来た。
 具合が悪いと言って寝室で寝てしまう。
 数日前、父と弟から、
「お母さんの体調が良くない。胃が悪いらしく、食事もあまり摂らない」と聞いていた。
 夏の昼下がり、心が急に寒くなる。

 私は長男だが、当時にすればかなりの高齢出産の子であり、今年、母は喜寿を迎えた。
 毎日、父の店で身奇麗にして働いているので、実年齢よりもはるかに若く見える母である。
 若い頃に「お姫様」とあだ名された性格は、きっちりと私が受け継いでいる。

 夕方になると、母が仕事部屋にやって来た。
 珍しいことなので何事かと思うが、気弱な声で、「お兄ちゃん、済まないけど、晩御飯、外に食べに行って頂戴」 と言う。
 私は「済まないけど」などと言われるのが悲しくて、
 「もともと今週は一人のはずだったのだからかまわない。済まないなんてことはないんだ」
 と、素っ気無い口調で答える。

 そして数十分後、母が再びやって来た。
 「本当に済まないけど‥‥」
 その言葉を聞き、余程具合が悪いのだと心配になる。
 「ご飯を作れないから‥‥外に食べに出るなら、一緒に連れて行ってちょうだい‥‥」
 すぐに着替えて近所の中華飯店へと向かう。

 精神的な疲れもあるのだろうから、少しは気持ちが和らぐかと、薄目の杏露酒のオレンジジュース割りを注文してあげる。
 母は 「美味しい!」 と、ようやく明るい顔になる。
 カクテルをゴクゴクと飲む母に、私は 「それは酒が入っているんだ」 と注意をする。

 食べやすい物をと思って選んだ料理を、母は 「美味しい。来て良かった」 と口に運ぶ。 ようやく私も安心し、紹興酒のお代わりをする。
 祭りの話、近所の人の話、母方の親戚の話……。

 その内、ラストオーダーとなり、私が会計をして店を出る。
 母は 「お兄ちゃん、済まないね。ごちそうさま」 と言う。
 今までは、どんな時でも、40歳を過ぎた息子であっても、会計は母が済ませてくれた。
 それが初めて、何も言わずに 「ごちそうさま」 とだけ……。

 今日、何度目かの 「済まないね」 を言われて、これまであなたがしてくれた事は、この数千倍、数万倍なんだよと思ったら、道を歩きながら涙が止まらなくなった。

 今、この日記を書きながら、また大泣きしている、ようやく乳離れできたかもしれないダメな男がここに一人‥‥。

 ~~~~~

 母も空の上から聴いてくれたことでしょう。


【ちょっとしあわせ気分になれるメルマガ「三洞だより」登録】

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お金のストレス】【仕事のストレス】【起業を応援】【速効教材】【お悩み相談

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL