家計収入53%UP メール通信講座

□ はい! 「家計収入53%UP メール通信講座」の2014年特別枠(先着8世帯)に登録して下さい。私は値上げ前の受講料で、2014年中に家計収入を53%増やすスタートを切りたいと思います。

私は以下のことを理解しています。

  • 特別枠に登録することで、値上げ前の料金(198,000円)でこの通信講座を2014年中にスタートする権利が確保できます(先着順8世帯限定)
  • 通信講座は6ヶ月間(メール回数無制限)+フォロー6ヶ月(月1回のメール)のサービスです。
  • この通信講座には返金保障がないことも理解しています。その理由は「できる、できない」ではなく「やるか、やらないか」だからです。ダイエット器具を購入しただけではダイエットに成功しないのと同じです。私は、できるだけ短期間で受講料を回収し、その後、受講料の何十倍、何百倍の収入アップを実現したいと思います。

【値上げ前の料金での受講枠(8世帯限定・先着順)を確保する】

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)


私のコンサルティングの最も古いクライアント様の一人である内村様(約10年前に検索エンジン最適化によるウェブ販売・顧客開拓支援で起業。福岡SEOゼミ主宰、L.D.K.information代表)の体験談と推薦文を紹介します。

カリキュラムを見ましたが、随分面倒見の良さそうな講座です。
いや、間違いなく手厚いサポートであるということを、責任と自信を持って、ここに推薦文として書かせていただきます。

申し遅れました、私は福岡県北九州市でウェブサイトをビジネス活用したい事業所を支援する仕事を営んでいる者です。
五十田三洞氏とは、知り合ってもう10年近くになろうとしています。

当時の私は、ぼんやりと起業を考えている時で、たまたま見つけた五十田三洞氏のウェブサイトを見て、そのライフスタイルや仕事観に衝撃を受けたことを、今でも鮮明に覚えています。

そして一通のメールを、手に汗をかきながら送信したことが全ての始まりで、私の起業への熱は一気に高まり、多大なアドバイスを頂きながら、会社を円満退社して現在に至っています。

まさに人生の転換のきっかけとなった人物で、頭が上がらない(笑)

一緒に仕事をするという目標を持って起業の準備をし、少しの努力と大きな助力のお蔭で、今でも福岡と埼玉という遠距離でありながら、アライアンス関係を継続することが出来ています。
つまりは、受講後は、あなたも私たちの仲間として、一緒に仕事をする可能性もあるわけです。
非常に楽しみでもあります。

このように書くと、順風満帆のように感じられたかと思いますが、実はそうではありません。 恐らく、起業へ向けてのスタートとしては、世間一般では不利いや無理無茶と言われてもおかしくない状況でした。

私は会社員を14年間続けた後で、起業しています。

・30代半ば
・既婚
・ちょっと病に(汗)

という転職や独立起業では圧倒的不利と言われる条件に、それは見事にハマッてました。
しかも、なんとかなるだろうという、最悪の思考です。
そもそも動機も不純でした。
これについてはあまりにもヒドイので割愛させて頂きます・・・。

事業主として有るまじきマインドでのスタートで、マーケットで勝てるチャンスがある、新規ビジネスを創出するなど一切見向きもしませんでした。
けれども徐々に、本当に徐々に経営者マインドが五十田三洞氏との出会いによって育まれました。

講座では、濃密なカリキュラムが組まれていますが、最も学ぶべき、いや盗むべきことは、マインドです。
是非、その感性や思考というものを吸収して頂きたいと思います。
そうすれば、受講料の何倍、何十倍もの投資効果が、早いうちに現れるはずです。

起業の最大のメリットは、好きなように仕事や人生をデザインすることではないでしょうか。
今でも「起業はリスクが高い」「安定しないよ」と言われる有様。
それって起業していない人が、勝手に妄想しているだけです。

会社員だって今の時代リスク高いですよ。
・会社に利益を残しても給料には反映されないシステムが多い
・仕事は与えられなければ取り組むことが出来ない
・税金は問答無用に取られる(節税という恩恵が無い)
・不況によるリストラに逆らえない

さらには「安定」とは何でしょうか?
私の考える「安定」とは、極論すると、この2つに集約されます。

・最少のコストで最大の利益を発揮する仕組みを複数作る
・しかも自分はほぼ何もしないで

やるべきことは「安定」を築くためのスキルや能力を磨き、仕組みの設計図を書くことです。
この最初の設計図を、この通信講座でなら、書き上げることが出来ると信じていいと思いますよ。

【値上げ前の料金での受講枠(8世帯限定・先着順)を確保する】

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check